店舗・受付型ヘルス

神奈川のホテヘル

神奈川県全体でホテヘルは約30軒ほど営業しており、関内エリア(横浜市中区)が最も多く、その他だと横浜駅エリア(横浜市西区)や町田エリアなどにもあります。

関内・伊勢佐木町・曙町

関内から伊勢佐木町、黄金町にかけて多くのホテヘルがあり、このエリアはファッションヘルスが多いエリアでもある横浜最大の風俗街でもあります。周辺には、たくさんのラブホテルが密集しているエリアであるラブホテル街のためホテヘルが多い理由でもあります。したがって、関内エリアだけで、店舗型であるファッションヘルスを合わせた受付所がある風俗店は100軒以上あることになります。お店のジャンルもファッションヘルス同様にたくさんあり、イメクラ店やエステ・M性感のお店も増えてきています。

町田

町田はデリヘルが中心の風俗街ですが、町田駅前にホテヘルが数軒あります。町田市は東京都ですが、風俗業界では相模原と同じエリアで扱われることが多いため神奈川エリアで紹介されていることもあります。東名町田インター付近から相模原・大和にかけてデリヘルが盛んな地域として神奈川屈指のデリヘル街に位置づけられています。

ホテヘルとは

ホテヘルとは、お店自体は店舗(プレイルーム)を持たずラブホテルやレンタルルームを利用する出張型ヘルスですが、デリヘルと違い受付所を設けています。そのため、プレイルームが近ければ、男性客はファッションヘルスと同じような感覚で利用することができるためデリヘルより人気があります。

デリヘルよりホテヘルのほうが人気なのは、受付があることにより、WEB版では非公開になっていた女の子の顔写真を顔出しで見ることができたり、部屋代もデリヘルより安く利用できたり、ファッションヘルスのような40分のようなショートコースがあることが主な理由です。しかし、デリヘルだと入会金が無料のお店が多いのに対して、多くのホテヘルだと入会金がかかることがあるので、入会金が無料であれば断然ホテヘルがお得になります。